• わたし/2022/100x100cm/キャンバスにアクリル (Avrylic on canvas)

主人公「i version 2.0」展
会期:2023年1月18日(水)~2月18日(土)
会場:タカシソメミヤギャラリー
TEL03-3267-0337
〒112-0014東京都文京区関口1-24-8
http://www.takashisomemiyagallery.com
営業時間:13:00~18:00
定休日:日曜日、月曜日、火曜日(2/1と11は休廊致します)
最寄駅:東京メトロ 有楽町線 江戸川橋駅徒歩5分
東京メトロ 東西線 早稲田駅 徒歩13分

この度タカシソメミヤギャラリーでは主人公「 i version 2.0 」展を開催いたします。

NFTという言葉を聞いたことがあるでしょうか。写真や映像などのデータをコピーされることなく保存出来る 方法のことで、インターネット上の通貨として利用されている技術と同じです。
そのNFTを利用した作品をインターネット上で販売しているアーティストの多くが数千という種類の作品を 発表しています。これはジェネラティブアートと呼ばれていて、一つ一つを作画したわけではなくプログラム により色やモチーフを自動的に生成できるからこそ実現できます。
これがアートの世界を一変することになる可能性は十分あり、ゲームを始めとしてすでに生活の中に溶け 込んでいます。今回主人公はこのことに着目し絵画とジェネラティブアートの境界をテーマにしました。

ぜひこの機会にご高覧下さい。

<作家コメント>
オンラインゲームやメタバースなどのコンテンツでは他者と区別をするために、最初にアバターのキャラメイク を行う。目鼻口や髪型、服装、アイテム、色など切り分けられたパーツをカスタマイズするシステムによって、自分 好みのキャラクターを作成することができる。この手法は昨今ジェネラティブアートとしても話題になり、 コンピュータによってそれらをランダムに組み合わせ自動生成し、量産することも容易い。今回私は自身が主人公 の絵を描いていく中で、この手法に着目した。合理的かつ効率化が進む社会におけるアナログな人物画の アップデートをテーマに制作を行った。

主人公 :